トップページに戻る

名苑と名水の宿 梅園

約1万坪の敷地からは名水も湧き出る名水の宿。そして、3,000坪の見事な庭園を持つ旅館「名苑と名水の宿 梅園」。


写真提供:じゃらん

オススメ度:★★★★★

■旅館「名苑と名水の宿 梅園」の部屋
本館14部屋、離れ12部屋の総数26部屋からなる中規模の旅館だ。
その内、露天風呂付の離れが5部屋あり、それぞれ和洋の趣を兼ね備えた一戸建ての部屋となっている。
本館ではお年寄りに配慮したバリアフリー設計の部屋もあり、老若男女を意識した旅館となっている。

■旅館「名苑と名水の宿 梅園」の温泉
露天風呂からも由布岳を一望。新緑の季節や紅葉の時期はまさに絶景。
貸切家族風呂が2つあり、宿泊客は予約なしの無料で24時間入浴出来る。
また、1人でも貸切可能といたれりつくせり。
もちろん、源泉かけ流しとなっている。

■旅館「名苑と名水の宿 梅園」の食事
料理は地のものを使用、水はもちろん梅園の敷地内から湧き出る湧き水。
素材を生かした創作和会席となっている。

追記:
最近梅園敷地内に「えんじ」というオシャレなレストランバーが出来たとのこと。
こちらのランチも非常に評判がいいようだ。

⇒そのほかの写真や詳細、予約についてはこちら

このお宿のインターネット上の評判(12件)

とにかくお風呂が気持ち良かった。^^当分、湯布院なら梅園に宿泊!が、私のブームになりそうです。

Urakilaのオフタイム: 湯布院温泉

この宿にも、園内に『黒鉄(くろがね)水源』と言う湧き水があって、部屋の置き水や料理に使われている。これが、本当に美味しい! まろやか~というのかな♪

九州旅行 ~ 『憧れの由布院温泉 夕食編』 ~ - Ole! Hola! - 楽天ブログ(Blog)

ここのお風呂はとっても良い 曇っていたけど、目の前には由布岳が一望出来るの。お風呂も綺麗だし、ホテルがすごく良さそうでした。いつか泊まってみたいな。

別府温泉&由布院へ-Shawn & Mommy diary ♪

周囲の山の景色と重なり、思わず長湯をしてしまうような、ゆったりとした気分にさせてくれるものでした。

Takoの『大切な瞬間』との出会い:九州-黒川・湯布院・別府の旅(その2)-第2-3日目:湯布院への旅

湯布院で宿泊したのは『梅園』という宿。梅園は、以前、ANAのツアーで立ち寄ったところで、ずっと憧れだった宿^^広い庭があって、おいしい名水が湧き出ていて、綺麗な由布岳が見えて・・・環境抜群のところです!ちなみに、広い庭は1地万坪、おいしい名水は「黒鉄水源」と「馬場水源」の2つ。部屋にも、この名水が置いてあったのは嬉しかった^^食事もびっくりするくらいおいしいし、特に朝食は外でいただき気分爽快!!

湯布院 梅園 - 湯の花日記 - Yahoo!ブログ

1泊35000円広い敷地に由布岳の眺めが良い旅館かもしれませんが、泊まった時にお風呂で時計が盗まれました。
平日だった為、泊り客もほとんどいなかったのですが、結局出てきませんでした。旅館の方も我関せずで、あっさりしたものでした。あんなものかなー。

斉藤 泉

浴場は凝った作りの露天風呂が気持ちいい。貸切家族風呂は、いったいこんな大勢の家族はいないだろう、というくらい大きい露天風呂になっており、とてものびのび出来る。

お料理は、手の込んだモノばかりで大満足。今回は関アジ付き。魚が苦手な私が美味いと思えた(笑)
食事の後は、お決まりの部屋での酒盛り。最初から冷蔵庫が空っぽ設定の宿であり、持ち込みは自由。缶ビールや缶カクテル、街歩き時に地酒屋で仕入れた地酒などでリーズナブルに宴会だ。

退職者Yさんを囲む会 -第1日目- としさんのブログ/ウェブリブログ

それでも湯布院は最高だった。旅館の中だけで120%満足だった。この旅館の話はまた後日。

SAYOUNARU Blog:湯布院が好きで、由布院が大好きでして。 - livedoor Blog(ブログ)

由布院の町の端、由布岳を見上げる小高い丘の上の1万坪の敷地に名水と名苑を持つ風雅な佇まい。大露天風呂からは由布岳を正面に眺めての入浴。森林浴もかねて癒されます。出来れば泊まりたいものです。

大分県・湯布院温泉「梅園」 - 楽歳楽日 - Yahoo!ブログ

夕食のご馳走の写真もちょっとはあるんですが、最初に並べられた
ものしか撮って無くて、次々運ばれてくる料理は食べるのに一生懸命で
写真を撮るのを忘れてましたヾ(≧w≦@
とっても美味しかったわ~。
一番美味しかったのが、脱皮仕立てのカニの天ぷら。
甲羅も何もかも柔らかいので丸ごといただけるの~。
もう、カニ好きの私にはたまらな~いお味でした(ノ∀`@)ノ彡☆

九州旅行8【名苑と名水の宿 梅園】 - *satosato*羊毛club - Yahoo!ブログ

えんじは名苑と名水の宿 梅園 の敷地内にあります。
えんじの1Fには 九州の特産品のセレクトショップの うめかおる があります。
その横の階段を上がる鮮やかな赤で統一された えんじの入り口。
店内に入ると・・ちょっと面白い造りで上下2段のカウンター席。
私たちは下のカウンター席に案内されました♪

カウンター席の前には敷地内の庭が眺められるので
ゆ~ったりした気分で過ごすことができますね。

で、ランチです。

湯布院 えんじ - 桜子ママのひとり言

湯布院の山手のほう、旅館梅園(ばいえんって読むらしい)の敷地に入ってみた。
1万坪の敷地
すっげ~広いきれいに整備された駐車場…ん?なんやあのえらい洒落た建物。
近づいて見ると一階のお店にはお洒落な雑貨や土産物が置いてある。二階はレストラン。

じっと眺めとったら「お食事ですか?どうぞー」と声がかかる。
ちょうど昼時だし吸い寄せられるようにすたすたと二階へ。
「えんじ」という新しく出来たレストラン。
出来て一年半くらいだそうです。

風呂あがりのDANDY : 梅園の「えんじ」

このお宿のページを見た人が気になったその他の宿・旅館

以下のフォームよりお宿の口コミ情報を受け付けています。
口コミ以外のお問い合わせに尽きましてはこちらからお問い合わせください。

お名前(必須):

メールアドレス(必須):

サイトURL:

お宿のコメント:

名苑と名水の宿 梅園
写真提供:じゃらん

アクセス:
JR久湯布院駅より車で5分程度。

北海道・東北⇔湯布院
関東・中部⇔湯布院
近畿・中国⇔湯布院
四国・九州⇔湯布院

注意:詳細はお宿や旅行会社などに直接お問い合わせいただきますよう、お願い致します。

タグ:

関連テーマ:
お風呂が良い旅館 これだけは負けない エステのあるお宿 バリアフリーの宿 湯布院の旅館お宿一覧 秋に狙い目のお宿 離れのあるお宿 露天風呂のある宿

トップページに戻る

ページの先頭に戻る

掲載している湯布院情報は、あくまで管理人が個人で収集した情報を掲載しているにすぎません。
湯布院温泉の【宿泊したい旅館・お宿】完全ガイド」の情報を参考にされる場合は、ご自身の責任においてお願い致します。
掲載内容の誤りなど一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。

track feed